FUMINOHIBI

Release myself

筋トレ・ダイエットで生きたいように生きる。

Release myself

筋トレ、ダイエットで過去の自分とおさらばして自分を解放する。そんなブログです。

100%幸せになれない人の共通点

f:id:fuminohibi:20170710182627j:plain

 

 

 

 

発信する側としてインターネットを見ていると、

愚痴、批難をツイッターやらなんやらで、

たれ流している人をちらほら見る。

 

ブログ書いて、発信してると、

すごい勢いで批判してくる人もたまにいる。

 

そんな人はぼくはそっこーでブロックしてる。

 

結論から言うと、

愚痴とか批難を発信している人は、

100%幸せにはなれないです。

 

ザックリと読むための目次

 

愚痴を言うことは自分の価値を下げること

愚痴を言う人が好きなんて人は多くないはず。

ぼくはそんな人とはあんまり一緒にいたくないし、

距離を置くようにしている。

 

近い距離にいる人の場合は、

あまり関わらないようにして、

ぐちぐち言いだしたときはスルーしている。

 

自分が気に食わないこと、

うまくいかないこと、

嫌いなことを言いたい気持ちを

ネットで発信して、

 

憂さ晴らしになるのか、

「わかるわかる!」

って共感してほしいのか知らないけど、

 

発信することで、

自分自身の価値を下げている。

 

こいつは自分がうまくいかないこととか、

気に食わないことはすぐにSNSで言いたがるやつなんだ。

 

というレッテルが貼られる。

 

そもそも愚痴、批難を発信してもなにも変わらない、てかダサない?

愚痴、不平不満を発信するのは、ダサい。

「自分は正しい!」「あいつは悪いんだ!」

 

自分が偉い、正しい。

という主張が根っこの部分にあるのだろうけど、

 

その思い込みがほんとダサい。

逆に自分を弱い存在だと主張しているようなもの。

 

とりあえずその愚痴、批難の垂れ流しをやめましょ

誰も得しない。

じぶんが気に食わなかったことがあったとしても、

それを受け入れてどうするか思考と行動を変える。

 

これでしか、

自分の目の前の現実はなんも変わらない。

 

そのしょうもないツイートに共感してほしいのかもだけど、

共感する人も同じようにダサい。

 

「発信したら、共感してくれる人が出てくれる!」

っていうネガティブ依存関係の始まりだ。

 

まとめ

愚痴、批難は自分が幸せに、豊かに生きれない

 

自分のエゴを満たしたいために、

誰かに嫌な言葉をぶつけたおす。

 

自分のことをよく見つめないで愚痴、批難をする。

これが一番危うい。

 

誰かを否定しても、自分が否定されても、

現実は何も変わらない。

 

他人を否定する言葉を使っても、

現実は変わらない。

 

そのエゴでごてごてに固まった考え方を変える方が良い。

 

他者を否定する言葉よりも、

自分と相手が幸せになれるように優しい言葉の方が良い。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

マザー・テレサ

 

持っている考え、言葉がダサければ

その人生はよりダサいものにしかならない。

 

幸せになれない人は、

他人を落として自分のエゴを満たす。

 

幸せな人は悪口を言ったりしない。

 

逆にネットでぐちぐち批難コメントや

愚痴を垂れ流している人は

リアルで幸せに生きれない。

 

もっとポジティブに優しく生きよう。

そうすれば幸せに満たされる毎日は過ごせる。

 

とはいえ、僕も愚痴や批難はしたくなることはある。

 

でもそんな時は、

はじめの引用ツイートのように

心の中にとどめておく。

 

自分のネガティブな空気を現実に感染させないように。

 

ネガティブは自分の中で処理しておいて、

ポジティブは発信しまくる。

 

優しく、明るく、楽しく。

 

すごくべたな言葉の羅列だけど、

これが一番!