FUMINOHIBI

Release myself

筋トレ・ダイエットで生きたいように生きる。

Release myself

ライフスタイル、働き方について考えるブログ。

人見知りしないためには、まずは相手に興味を持つこと!

f:id:fuminohibi:20170604202023j:plain

昨日のぼくのツイート

 

3名の方から、

DMをいただき、

たっくさんのお話し、

鋭い指摘、ご意見を聞かせてもらいました!

 

本当にありがたや。

 

さて、お話しを聞いて、

人見知り、初対面が怖い。

っていうリアルな考えを聞けたので、

 

人見知りで悩んでる。

 

コミュニケーション取りたいし、

友達だって欲しい。

 

そんな方に向けて、

人見知りしない方法を書きやす!

 

ザックリ読むための目次

 

 

どうして、この記事を書こうと思ったか。

 

人見知り、コミュ障で悩んでいる方を、

なんとかしてあげたい!

と思っているから。

 

偉そうだし、よけいなお世話やけど、

なんとかしてあげたい!

って思う。

 

ぼくも中3ぐらいまで、

極度の人見知り、いつも静かやね。

って言われていた。

 

でも、人見知りが変わって、

人と話したい!いろんな人に出会いてぇ!

 

って思うようになった。

出会い厨じゃないですよ。

 

色んな人と出会い、コミュニケーションを

取れるようになった方が、

 

明らかに人生が楽しくなった。

じぶんの新たな一面を知ったり、

世界観が広がりまくった。

 

だから、

何とかしてあげたい!

って思うようになった。

関連記事:

fuminohibi.hatenablog.com

 

ってことで、

 

どうしてぼくは人とコミュニケーションをとることを好きになったのか?

 

昔のぼくは、

人見知りすぎて悩んでいた。

 

でも、人とコミュニケーションを

とることが好きになった。

 

きっかけは中3の時に、

 

評議会議長になってみない?」

(学級委員長)

 

とクラスの先生に言われて

なったのがきっかけ。

 

先生曰く、

静かに周りをしっかり見ているから、

ふみくんには向いている。

 

と思って頼んでくれたらしい。

 

見る目あるやん。

 

ぼくは普段おとなしいけれど、

静かな承認欲求と、

静かに目立ってみたい願望があったぼくは、

 

スグに議長になった。

 

議長になったら、

生徒会に入ることになる。

 

学年の催し物、

学校全体の集まりの司会やら、

地域で行われるイベントへの参加。

 

などなど、

いろんな人と関わることが、

議長になる前に比べれば、

一気に増えた。

 

そこで、普段つるんでいる、

友達以外の人と関わることが

増えて。

 

気づけば、

コミュ障を脱し、

人とコミュニケーションを

とることが好きになった。

 

そんなこんなで、

人と話すのっておもろいやん!

って思ったので、

 

高校、大学といろんなつながりを、

作るようになった。

 

その過程で、

ぼくが思う人見知りなかたの特徴について、

まず書いていきます!

 

人見知りな方の特徴

 

人見知りなかたは、

 

初対面だからどんなひとか

よくわからないから怖い。

 

じぶんは相手にこう思われるんじゃないか?

と考えすぎて話すのがいや。

 

こんな風に思っていることが

DMやリアルで会ったひとに、

聞いてみてわかった。

 

考えがじぶんにばかり向いている

 

ぼくも昔はそうだったから、

よくわかる。

 

しかし、

コミュニケーションは

相手と自分がいて成り立つ。

当たり前だけど。

 

それなのに相手と話すのに、

「じぶんがこう思われるんじゃないか?」

って考えが自分にばかり向いていて、

 

ある意味で、

相手のことを考えられていない状態になっている。

 

いやいや、相手のことを考えているからこそ、

相手にどう思われているのかを

考えているんだよ!

 

って思われるかもしれない。

 

それに対して僕はこう言いたい。

 

相手が自分のことをどう思っているかなんて、

100%わからないし、

 

こちらのことをどう思うかは相手次第だから、

そんなのは考えて気にしても仕方ない。

 

もちろん、失礼なことを

言うのはなんか違うし、

相手を思いやるのは大切だ。

 

相手を思いやられなければ、

ひとはあなたの近くから去っていくだろう。

 

人見知りしない方法

 

前置きが長くなってしまった。

 

 

察しのいいあなたは、

気づいたかもしれないが、

 

先ほどの

 

じぶんに考えが向きすぎている。

 

これを逆にすればいいわけだ。

 

つまり、

 

相手に興味を持つ

 

この一点だけ。

 

なにを話したらいいのかわからない。

 

こんな話してもおもんないって

思われるかもしれない。

 

そんなことを考えるよりも、

目の前にいる人に興味を持つこと。

 

じぶんじぶんってなっている

考えを相手に向けること。

 

そうすれば、

雑談の話題なんて山ほど出てくる。

 

話題がわからないよ!

って思われた方は、

次の記事でざーっとがっちり書いていくので

安心してくださいませ!

 

そもそも人は話を聞いてほしい生き物。

 

Aさん

「こないだ上司にこんなひどいこと言われてさ!」

 

Bさん

「へー!そういえば俺もこんなことがあって!」

 

こんな会話しがちですよね。

 

聞いたことに対して、

自分の話をすぐにする。

 

でも、

基本的に人は自分の話を聞いてほしいもの。

 

自分に考えが向くのは、

当たり前のこと。

 

自分は自分のことばかり考えていたのか。

 

と気を落とさないでください。

 

興味を持ってもらうためにも、

じぶんの話をすることも大事です。

 

人は相手に話を聞いてほしいもの。 

相手に興味を持ってみる。

 

そうすれば、

人見知りすぎて、

何を話したらいいかわからない。

 

という問題も解消できるので、

 

ぜひ、私生活の中で意識してみてください。

 

ブログの最新情報が知りたい方は、

ぜひフォローしてください(^-^)

twitter.com