FUMINOHIBI

Release myself

筋トレ・ダイエットで生きたいように生きる。

Release myself

ライフスタイル、働き方について考えるブログ。

行動力がない人の処方箋

Picture

 

 

やりたいことってありますか?

 

 

大なり小なり、

必ずあるはずです。

必ず。

 

 

僕は、

絵描きたいし、

京都で写真撮ってブラブラしたいし、

アートな人になりたいし、

猫カフェ行きたいし、

英語できるようになりたいし、

読んでない小説とか読み倒したい。

(上げたらきりがない。。。)

 

 

1ミリでもそれをやりたいって

思ってるってことは、

あなたはそれを「やりたい」ということ。

 

 

でも、ほとんどの人って、

「やらない」んですよね。

 

 

考えるだけで終わり。

 

 

どんないいアイデアも企画も、

実際に動いて、やらないと、

それは絵に描いたお餅と同じ。

 

 

思いついただけで終わったら、

初めからなかったのと同じ。

 

 

何でやらないかってことを考えた時、

周りにこう思われるとか、

自分を守ろうとする考えとか、

 

 

どばどば頭からあふれてきて、

それに抵抗することなく、

「はい。やーめた!」

ってなるから。

 

 

何もしないで、

今まで通りの日常に、

身を任せるのって、

一番楽ですよね。

 

 

何も考えず、動かず、

何もしないことって

何もしなくていいから楽だから。

 

 

でも、僕が思うに、

そこに停滞してるのって、

退化と同じなんじゃないかなと。

 

 

 

何もしないことって、

最大のリスクだと思う。

 

 

時間は進み続けるし、

身体少しづつ退化して老けていくし、

時代はびゅんびゅん過ぎ去っていくし。

周りの動いている人は進化し続けるし。

 

 

一日中家にいたときとか、

鬱鬱とするし。

 

 

寝過ぎた次の日とか、

とんでもなく後悔する。

 

 

何もやらなかったことと、

やりたかったことをやった時の

気持ちを想像してみましょうよ。

 

 

後者の方が必ずワクワクする。

 

 

まずは少しでもやってみたいなってことを、

紙に書きなぐってみましょうよ。

 

 

実現可能かとか、

不可能とか置いといて。

 

 

無理!とか

でも!とか言った言葉は

いったん置いといて、

 

 

子供があれしたいこれしたい。

って言う。

みたいな気持ちを思い出して。

 

 

そんで、やってみましょうよ。

 

 

ふみのツイッターはこちら

twitter.com