FUMINOHIBI

Release myself

ライフスタイル、働き方について考えるブログ。

なんか頑張れねぇなぁ。ってときに思い出してほしい1つのこと

Picture

 

自分がやるべきことに優先順位を決めて、

それをただやればいいだけなのに、

なかなか行動に起こせないし、

行動に移す勇気も出ない。

 

 

そんな方に一つ知ってほしいことがあるので、

体調グズグズのなか書いてみました。

 

 

 

 

頑張らないといけないのに動けない...

 

 

自分の目の前のことをやらないといけない。

というのはわかっているけれど、

そのやることが多すぎて、

 

 

どれにも手を付けられない。

なかなかやる気が起こらない。

 

 

そんなこと結構ありますよね。

 

 

そして、

周りがぎゅんぎゅん行動しているのに、

自分だけ行動できずに、

何もやることなくただただ時間が過ぎていく。

 

 

もう結論を書きます。

 

 

視野を広げて考えてみる

 

 

なかなか動けなくて、

やるべきことをやらないといけないのに、

なかなか行動できないときって、

 

 

「自分事」でしかそのやることを、

捉えられていないんですよね。

 

 

例えば、

バスケットボールをやっていて、

上手くなりたいけれど、

なかなか練習する気も起らないし、

筋トレをやる気も起らない。

 

 

それで、サボったりしてしまう。

 

 

これは自分個人だけのことでしか、

考えられていないから、

 

 

上手くなりたいのに練習する気が起こらないという

矛盾が起こってしまう。

 

 

そこで、

自分一人だけ。で

終わらせるんじゃなくて、

もっと視野を広げて、

自分が頑張ることで起こる。

メリットを考えてみる。

 

 

練習を頑張れば、、、

自分の技術、体力が向上する。

 

 

そこから視野を広げると、、、

気合いの入った練習をしてる自分を見て、

周りのチームメイトや、コーチにも

それが伝わってチームの士気が上がる。

 

 

そしてさらに広げてみると、、、

練習を頑張っていることで、

 

 

「なんか最近やれてるな俺!」

ってテンションが上がって、

それが家族や友達にも伝わって、

 

 

母親は

「最近うちの子は頑張ってるみたいだし、

もっと栄養のあるご飯を作ってあげよう。」

と母親もいつもよりテンションが高くなるし、

 

 

友達は、

「最近のあいつ部活に行くときいつもイキイキしてるなぁ。

もっとあいつを見習って俺も頑張ろう!」

となるかもしれない。

 

 

あなたが頑張れば周りも幸せに

 

 

何が言いたいかというと、

 

 

あなたが何かを一生懸命になって

行動していくということは、

 

 

「あなただけが変わる。」

のではなくて、

「周りにも必ず影響していく」

ということ。

 

 

だからって、期待しないこと

 

 

ただ気を付けておきたいのが、

俺がこんなにも頑張っているのに、

周りは何もかわらないじゃねぇか!

 

 

と考えて、

周りから何かをもらおうとしないこと。

 

 

なにも求めずに、

自分がやりたいからそれをやる。

 

 

ぐらいのスタンスで過ごすこと。

 

 

そうじゃないと、

「周りは評価してくれない。。。」

って負のループに陥ってしまうから。

 

 

日々忙しい中で、

どうしても自分人rだけで戦ってしまいがち。

でも今日僕が書いたような、

視野の広さを少し持ってい取り組んでみると、

 

 

自分がやる理由が少しでも、

やる気や熱量がプラスされて

頑張れる。

 

 

こちらもあわせてどうぞ!

fuminohibi.hatenablog.com

 

 

twitter.com