FUMINOHIBI

Release myself

筋トレ・ダイエットで生きたいように生きる。

Release myself

筋トレ、ダイエットで過去の自分とおさらばして自分を解放する。そんなブログです。

【自己分析】自分のことを知るのにエニアグラムというのがおすすめです

f:id:fuminohibi:20170725154357j:plain

 

 

ブログはご無沙汰ですが、

上に書いたみたいにいろんな方に会ってました。

 

何かを求めて。

楽しそうだから。

そしてシンプルにその人に会いたいから。

 

そんな時間を過ごしたこの期間に得たことを、

あなたにシェアできればなと。

 

ザックリと読むための目次

 

自分のことをまず知ろう

自己分析って就活の時だけ、

よく聞くワードなんですけど、

 

就活どうこうよりも、

人生死ぬまで自分でいることになるので、

 

自己分析は生きていくうえで大事です。

というのが僕の考え。

 

自分のことを知っておいて間違いない。

 

恋愛やら仕事やら人間関係の人の話を聞いていると、

こうしたほうがいいんじゃない?

とかいくらでもいえるけれども、

 

いざ、自分のこととなると、

全然わからなくなってしまう。

この経験をしている人って意外と多い。

 

あと、ネガティブになりがちだったり、

病みやすい人は自分のことを知れていない典型。

 

自分のことを知ることはメリットしかない

 

自分のことを理解することって、

非常に大事。

 

完全にわかることはないけれど、

理解しようとすることが大事。

 

恋愛でも自分のことをわかっている人は

なぜだかモテます。

 

そのほかファッションでも、

自分のスタイルとかキャラをわかってないで、

自分のとはかけ離れた服装をした人を見て、

 

え、どうしたの?!

 

ってダサい人たまにいません?

 

足短いのにぱっつぱつのスキニー穿いたり

太っているのにへそ出した格好をしたり。

 

(まあ、どんな格好をしようと本人の自由です)

 

エニアグラムで自己分析してみよう

 

たとえ話で少々話がそれましたが、

今回すごく良い自己分析できるサイトがあったので、

紹介しますね!

 

※アフィリリンクではないです、

ただただ僕が良いと思ったから紹介しています。

 

※診断が終わった後にコーチングに課金できるようですが、

ぼくはそこまではしていないので、

こちらのサイトでのことは自己責任でお願いします。

 

おすすめの自己分析⇩

shining.main.jp

 

ちなみにぼくの診断結果はこれ⇩

f:id:fuminohibi:20170725154435j:plain

f:id:fuminohibi:20170725154451j:plain

 

この診断結果をまるまる鵜呑みにするのではなくて、

自分を客観視する材料として使って、

 

自分が好きなこと、嫌なこと

問題点などを明確にしていけると、

 

よりよい生き方ができます。

 

ぼくの場合は自分はこうじゃないといけない!

っていう思い込みがなくなって、

 

短所は短所と認め、ポジティブに諦め、

自分が好きなことや、得意なことに、

全力でお金と時間を投資していこう。と

気づき学べました。

 

ぜひ、あなたもやってみてください!

 

shining.main.jp

 

※アフィリリンクではないです、

ただただ僕が良いと思ったから紹介しています。

 

※診断が終わった後にコーチングに課金できるようですが、

ぼくはそこまではしていないので、

こちらのサイトでのことは自己責任でお願いします。

 

ふみのツイッターはこちら⇩

よろしければフォローしてくださいませ。

twitter.com

100%幸せになれない人の共通点

f:id:fuminohibi:20170710182627j:plain

 

 

 

 

発信する側としてインターネットを見ていると、

愚痴、批難をツイッターやらなんやらで、

たれ流している人をちらほら見る。

 

ブログ書いて、発信してると、

すごい勢いで批判してくる人もたまにいる。

 

そんな人はぼくはそっこーでブロックしてる。

 

結論から言うと、

愚痴とか批難を発信している人は、

100%幸せにはなれないです。

 

ザックリと読むための目次

 

愚痴を言うことは自分の価値を下げること

愚痴を言う人が好きなんて人は多くないはず。

ぼくはそんな人とはあんまり一緒にいたくないし、

距離を置くようにしている。

 

近い距離にいる人の場合は、

あまり関わらないようにして、

ぐちぐち言いだしたときはスルーしている。

 

自分が気に食わないこと、

うまくいかないこと、

嫌いなことを言いたい気持ちを

ネットで発信して、

 

憂さ晴らしになるのか、

「わかるわかる!」

って共感してほしいのか知らないけど、

 

発信することで、

自分自身の価値を下げている。

 

こいつは自分がうまくいかないこととか、

気に食わないことはすぐにSNSで言いたがるやつなんだ。

 

というレッテルが貼られる。

 

そもそも愚痴、批難を発信してもなにも変わらない、てかダサない?

愚痴、不平不満を発信するのは、ダサい。

「自分は正しい!」「あいつは悪いんだ!」

 

自分が偉い、正しい。

という主張が根っこの部分にあるのだろうけど、

 

その思い込みがほんとダサい。

逆に自分を弱い存在だと主張しているようなもの。

 

とりあえずその愚痴、批難の垂れ流しをやめましょ

誰も得しない。

じぶんが気に食わなかったことがあったとしても、

それを受け入れてどうするか思考と行動を変える。

 

これでしか、

自分の目の前の現実はなんも変わらない。

 

そのしょうもないツイートに共感してほしいのかもだけど、

共感する人も同じようにダサい。

 

「発信したら、共感してくれる人が出てくれる!」

っていうネガティブ依存関係の始まりだ。

 

まとめ

愚痴、批難は自分が幸せに、豊かに生きれない

 

自分のエゴを満たしたいために、

誰かに嫌な言葉をぶつけたおす。

 

自分のことをよく見つめないで愚痴、批難をする。

これが一番危うい。

 

誰かを否定しても、自分が否定されても、

現実は何も変わらない。

 

他人を否定する言葉を使っても、

現実は変わらない。

 

そのエゴでごてごてに固まった考え方を変える方が良い。

 

他者を否定する言葉よりも、

自分と相手が幸せになれるように優しい言葉の方が良い。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

マザー・テレサ

 

持っている考え、言葉がダサければ

その人生はよりダサいものにしかならない。

 

幸せになれない人は、

他人を落として自分のエゴを満たす。

 

幸せな人は悪口を言ったりしない。

 

逆にネットでぐちぐち批難コメントや

愚痴を垂れ流している人は

リアルで幸せに生きれない。

 

もっとポジティブに優しく生きよう。

そうすれば幸せに満たされる毎日は過ごせる。

 

とはいえ、僕も愚痴や批難はしたくなることはある。

 

でもそんな時は、

はじめの引用ツイートのように

心の中にとどめておく。

 

自分のネガティブな空気を現実に感染させないように。

 

ネガティブは自分の中で処理しておいて、

ポジティブは発信しまくる。

 

優しく、明るく、楽しく。

 

すごくべたな言葉の羅列だけど、

これが一番!

行動できないのはプライドが高いから。じゃあ、どうすればいいか。

f:id:fuminohibi:20170706164925j:plain

 

webメディアを運営されている、

鳥井弘文さん(@hirofumi21)さんの、

ツイートがぶっ刺さりました。

 

 

 

プライドが高くて自分をさらけ出せない

なぜこの鳥井さんのツイートに

反応してしまったのかというと。

 

毎日書くとは決めたものの、

絶賛ブログ更新おさぼり中でして、

 

ブログ更新しなかったり、

最近行動力が落ちているのは、

 

じぶんのプライドが高いから。

 

ということに、

この方のツイートで気づかされた。

 

プライドがあるから、誰かからの評価や目を過剰にビビっている。

 

毎日パソコンは開いてたし、

文章を書いてはいたけども、

投稿することはしていなかった約1週間。

 

「これでええんかな」

 

「いや、もう少し頭を寝かしてから書こう」

 

「こんなことを書いたら、バカということがばれるんじゃないか」

 

そんな葛藤を繰り返していた。

 

自分で言い訳やある理由ない理由を、

こねくり回しては、

自分がバカなことがさらされるのを

過剰に恐れていた。

 

そんな時にこのツイートではっとした。

 

書きたいから書く、見られたいから書く

 

毎日更新しようと思ったのは、

PV数が上がったりするから。

ということを意識してのこと。

 

別にPV数なんて今はどうだっていい。

 

書きたいことを書く。

 

書いて何かにつながるかもしれないから書く。

 

今はただそれだけ。

 

「書く」ことはプライドをなくしていくこと

 

投稿する前、書いている途中って、

「これでいいのかな~。」て

ムダに葛藤してしまって、

プライドがむくむくと顔を出す。

 

でも、

書いて「えい!」って投稿してしまえば、

さっきまでの恥やプライドなんて消し飛んで、

投稿していることに何も思わなくなる。

 

むしろ、気持ちがすっきりとする。

テンションが上がる。

コメントとか来たらさらに上がる。

 

「書く」ということは、

プライドを少しづつ無くしていく

作業でもあるのかもしれない。

 

ぼくはもっとさらけ出していけるようになります。

筋トレを習慣化できてるので、筋トレを継続することの重要性について話す。

f:id:fuminohibi:20170627155101j:plain

 

変わりたいのなら、

筋トレをとりあえず続けること。

 

腹筋を割りたい。

かっこいい体になりたい。

モデルさんのように

セクシーなくびれ、お尻になりたい。

 

そう思い決心して、

SNSなどで夏までに痩せます。

ジムに行きます。

 

そう発信したものの、

続かない人がほとんど。

ほんとほとんど。

 

筋トレって一か月続けただけで、

そこでやめてしまえば、

なんの変化も得られない。

 

新しく覚える仕事も

2週間やっただけでは覚えられないし、

効率も上がらない。

 

1か月、3か月、半年と続けるから、

その中で試行錯誤できるし、

頭と体も慣れてきて、

身について、仕事のスピードも上がる。

 

恋愛もそう。

1度や2度女の子に連絡先を聞けたとか、

デートに行けた。

 

それだけで満足していても、

恋愛はうまくいかない。

 

日々女の子に積極的に話しかけ、

興味を持ち、

なにが好きなのかを知ったり

 

振られたりすることで、

 

恋愛が楽しくなるし、

少しずつうまくなる。

 

筋トレも同じ。

 

ずーっとやり続けるから身体は変わるし、

それと同時に内面も変化していく。

 

でも、

 

一番難しいのは続けること。

そして最も重要なのは続けること。

 

筋トレを習慣化できると、

 

もし筋トレを4日とか1週間とか

やらない日が続くと、

気持ち悪くなる。

 

それと同時に、

 

筋トレやってない期間がもったいない!

筋肉痛がないのに追い込んでないなんて!

身体が変わるチャンスなのに!

 

という焦りが出てきて、

 

気づけばジムで筋トレしている。

 

大げさに言ったけど、

ほんとの話。

 

このレベルになっていれば、

筋トレを習慣化ができている。

 

と言える。

 

歯磨ききちんとやっている人が、

飲み会や急な仕事で歯磨きする時間がなくて、

1日でもしなければ、

口の中が気持ち悪くなる。

 

それと同じ。

 

1日でもシャワーに入らないと体がべたついて、

なんか臭い。

 

とりあえず、家に帰るとか、

どこかのシャワーを借りる。

 

綺麗にしていない自分が気持ち悪いから。

 

2週間筋トレが続いている!

 

と言って小さな成功体験を積むことは

大事なことだけど、

 

そんなんじゃ甘い。

 

そこからサボり続ければ、

その2週間は存在しなかったものと同じ。

 

筋トレをして、

自分を変えたいのならば、

まずは筋トレを続けること。

 

こまかいテクニックだとか、

食事法とかはどうだっていい。

 

まずは筋トレを続けること。

 

まずは筋トレを続けること。

 

まずは筋トレを続けること。

読書の効果を最大限に引き出す3つの方法

f:id:fuminohibi:20170626180457j:plain

 

久々に読みたいと思ったビジネス書

堀江貴文の『多動力』を

最近読んだ。

 

読んだ後は感想として、

記事に残そうと思っていたのだが、

 

あるミスを犯したので、

まとまった記事にすることができなかった。

 

ある初歩的なミスをしたからだ。

 

1500円ほどの書籍を買い。

なるほど。とその場で気持ちよくなっただけで、

結局、仕事や生活に活かされることはない。

 

そんな経験何度もないですか?

 

今後そのようなミスをしないため、

 

読書して得たことを上手くインプットして、

上質なアウトプットをし、

仕事や生活に落とし込める方法を、

 

ここでは書き残したい。

 

ザックリと読むための目次

 

①自分の脳みそを過信しない

 

初めにぼくが犯したあるミスとは、

自分の脳みそを過信しすぎたこと。

 

一気に読み切ってしまえば、

後で記事に残して落とし込めるだろう。

 

そう思ってじぶんの記憶力を信頼しすぎた。

 

一度読めば後で書けるだろう。

 

そう過信しすぎていた。

 

昨日の朝昼晩に食べたもの、

一昨日の晩ごはんをすぐに思い出せるだろうか?

 

そこまで覚えていないはず。

思い出すののに時間がかかるはずだ。

 

まずはじぶんの脳みそを信頼しすぎないこと。

 

②紙とペンを用意して読書する

 

自分の脳みそを信頼したので、

気になった部分、なるほど!と思った部分を、

読みながら書き残すということをしなかった。

 

そして、一冊を読み終えたあと

 

良い本だった。

 

と思うだけであって。

 

どこが一番学びになったのか。

この部分はじぶんの日常にも落とし込める。

 

ということがはっきりと明確に書けなかったし、

覚えていなかった。

 

「なんとなく良い」と思うのをなくすために、

何が良かったのか、

それを自分ならどのようにすればいいのか。

 

といったことを、

読みすすめながらメモしておくことを

おすすめする。

 

すさまじい記憶力がない限りは、

「絶対に忘れる」ということを前提に

読み進めないといけない。

 

活かせること、良いと思ったところを

紙という最強の外付けハードディスクに、

明確に残しておく。

 

SNSで読んだ本を記録する

 

SNSで読んだ本を写真に撮って記録する。

 

インスタグラムがおすすめ。

 

なぜならば、

同じ本を読んだ人の感想を見て、

そんな見方があるのか!

といった発見がある。

 

投稿するときには

 

ハッシュタグでタイトルや、著者などを

残すことをおススメする。

 

ぼくならば以下のように...

f:id:fuminohibi:20170626181008j:plain

f:id:fuminohibi:20170626181014j:plain

f:id:fuminohibi:20170626181021j:plain

 

 

その投稿にいいねするひとは、

同じ本を読んだ人、同じ著者の違う本を

読んでいる可能性が高い。 

 

そこでその本に対するいろんな物の見方を、

知ることができて、

 

プチ読書会をSNSを通してできる。

 

まとめ

 

全体を通して言いたいことは、

 

自分の脳みそを過信しないで、

アウトプットを前提として、

メモを取りながら読書を進める。

 

ということ。

 

ぼくが思うアウトプットは、

 

紙に書くこと、SNSでアップすること、記事すること

 

だけではない。

 

最高のアウトプットとは、

 

自分の生活、仕事でインプットしたことを、

落とし込んでそれを行動に移すということ。

 

ただ読んでなんとなくよかった。

というのをなくして、

 

アウトプット、行動することを前提で読書すれば

 

読書にかける時間+約1500円

 

この価値以上のものを得ることができる。

小林麻央さんがお亡くなりに。「死」との向き合いかたを考えたい。

小林麻央さんがお亡くなりに。

 

そんなニュースを受けて、

身内が亡くなって辛いとき、

どうすればいいのか。

 

「死との向き合いかた」について、

考えてみた。

 

受け取る人によっては、

かなり繊細な話ですが、

 

本当に僕が素直に思っていることを

そのままの言葉で書くので、悪意などは一切ないことを

初めに伝えておきます。

 

中学1年生。ぼくが13歳の時に。

10歳上の兄貴は亡くなりました。

 

今でもその時のことはたまに思い出す。

 

13歳ながらに、

 

ニュースや、映画の中の出来事だったことが、

実際の自分の身の回りで起こったことで、

 

「本当に人は死ぬんだ。」

 

「もう今後一切その人と話すことはないし、

話すことはできないんだ」

 

ということを感じていた。

 

病気とかではなく、

兄は突然にいなくなったので、

急な出来事で心か頭かどこかの部分が

一瞬でくりぬかれた感覚。

 

かなり優しくしてくれた兄で、

両親が共働きでぼくが中学校から帰ってきた

腹ペコな様子のぼくを見て、

 

冷蔵庫の素材寄せ集めのチャーハンを

いつも作ってくれてたのを覚えています。

 

当時のぼくは、

兄がいなくなって、

 

学校に行くのが辛いだとか、

部活を休むといったことはしなくて、

 

普通にいつものように過ごしていたけど、

 

葬式などに来てくれた友達からは、

 

「元気なさそうやけど大丈夫か?」

 

といった電話を何人もからもらっていた。

 

自分としては普通にしているつもりでも、

周りから見れば表情や姿勢に

どこかむなしい雰囲気が流れていたのだと思う。

 

音楽の授業で、

千の風になって」か何かの曲が、

どのようなことがあって作られたのか。

 

というのを受けているときに、

みんなの前で泣いたこともあった。

 

23歳になった今でも、

夢にふらっと現れて夢の中で泣いて、

パッと目覚めたら実際に泣いている。

 

みたいなことがごくたまにあります。

自分で驚く。

 

まあ、そんなこんなと、

ここでは書き尽くせない思いがあるのですが、

 

残される側は本当につらい。

 

今まであったものが、

さっと消えてしまうから。

 

でも今では、

兄がいなくなってしまったことは、

 

いい経験をさせてもらった。

 

心の底から思っている。

 

不謹慎な言い方ですが、

 

早いうちに近い人がいなくなる経験ができたことは、

ラッキーだ。

 

本当にそう思っています。

 

この経験をしたことで、

 

今会う人はこの後すぐに死ぬかもしれない。

 

自分の目の前に現れた人との出会いを大切に、

いなくなる場合やそれきりの関係であったとしても、

 

自分ができる限り、

思う存分その人との出会いを大切にしよう。

 

そう思って生きれるようになったから。

 

自分の身の回りにいてくれるもの、

存在しくれているものって、

こんなにもありがたいものなのかって。

 

兄がいなくなった直後に

そう思ったのではなくて、

数年後、今。そう思うようになった。

 

誰かがいなくなること、別れること。

 

その直後と、しばらくは

本当につらいけど。

 

時間がたてば、

その経験を考えることで、

今の自分にできること、生き方に

絶対に活かされるから。

 

何も幸せなことだけで

埋め尽くされた人生ではなくて、

つらいこと、しんどいことが、

自分の人生に彩りを加えてくれる。

 

ネガティブもある意味でポジティブで、

 

ネガティブなことが、ポジティブなことを、

もたらしてくれる。

【筋トレ、ダイエット】理想の体重、目標体重なんて決めなくていい。

f:id:fuminohibi:20170622134228j:plain

 

今日は質問が来たので、

それに対してお答えしていきます!

 

Q:私は身長が○○○センチあります。

いい体と思われる体重、体脂肪率はどのくらいでしょうか?

 

A:結論から言うと、

良い体と思われる体重、体脂肪は決めなくていい。

というのがぼくの考えです。

 

 

先ほどの質問をいただいた方は、

男性の方で、

 

身体を絞りたいのか、

大きくしたいのかわからないのですが。

 

筋トレをして、

 

筋肉が増えていくと、

むしろ体重は増えていきます。

 

 

同じ重さの脂肪と筋肉を比べると、

 

筋肉はギュッと詰まっているので、

脂肪よりも小さいのに重いのです。

 

f:id:fuminohibi:20170622132523j:plain

 

となると、

上の画像の女性のように、

 

筋肉が増えると身体は引き締まりますが、

体重は増えます。

 

ダイエットをしている方に

始めた理由を思い出してほしいのですが、

 

身体を細く引き締めたい、

着れなくなった服を着れるようになりたい。

水着を着て見せられる体にしたい。

健康でいるために。

 

などの理由があるはずです。

それならぼくはオッケーだと思いますが。

 

もし、体重を○○キロまで落としたい。

 

だと、

間違った理由、目標設定です。

 

それがきっかけになるのならいいですが。

 

この体重になりたい。

 

ということを決めてしまうと、

 

・数字のアップダウンにメンタルが振り回される

・数字を減らすことだけを考えるから、短期的な

食事制限に走りがち

 

になってしまいます。

関連記事:

fuminohibi.hatenablog.com

 

ダイエットも筋トレも、

この体重を目指す。

 

ということよりも、

 

自分が良い状態になること、

理想とする身体になること。

 

を目標にしてください。

 

理想とする体重を決める必要も、

知る必要もないのです。

 

どんな体になりたいのか、

どんな状態になっていたいのか、

一度じっくり考えてみてください。

 

以上で今回は終わりです。

 

質問いつでもお待ちしております。